トイレつまりの原因

気をつければ防げる

水回りのトラブルには実にさまざまな種類がありますが、特に多いトラブルにトイレのトラブルがあげられます。水漏れがあったり、流した水が止まらなくなってしまったなどのトラブルは多くありますが、トイレつまりも多いトラブルのひとつです。そしてトイレは使えないととても困ってしまう場所ですので、できるだけ早く解決したいものです。

トイレつまりの原因はさまざまありますが、特に多いもののひとつにトイレットペーパーの流しすぎがあげられます。一度にたくさん流してしまうと詰まってしまう可能性が高くなるので気をつけたいものです。そしてティッシュペーパーなど水に溶けないタイプの紙を流してしまった場合もこういったトラブルは起きやすいものです。

そして子供がおもちゃを落としてしまったり、大人の場合でも携帯電話などの異物を落としてしまうことも多くそれがつまりの原因となることもあります。トイレつまりの原因は気をつければ防げることも多いので正しい使い方をしたいものです。

トイレットペーパー

トイレつまりの原因についてあげてみましょう。トイレがつまったら慌ててしまいます。原因を把握しておいて、なるべくそういったトラブルが起こらないように気をつけたいものです。まず、原因にあげられるのはトイレットペーパーを大量に流してしまった時です。トイレットペーパーがつまったら、水を無理に流そうとするのは水あふれを引き起しかねないのでしばらく放置しておくと水に溶けて解消されやすくなります。

次に便器に流してはいけない異物がつまる場合です。うっかり物を落としてしまい、取れない時は業者に依頼するのがよいでしょう。そのほか、配管がつまっているためにトイレがつまったり、水圧が弱いために流れにくいという場合もあります。

ラバーカップを使って家庭でつまりを解消できれば問題ありませんが、中には専門業者に依頼しないと解消しない症状の場合もあります。無理に家庭で解消しようとすると汚水があふれるなどのトラブルのもとなので、専門業者に相談するのが安心でしょう。