トイレつまりの応急処置

応急処置を知っておく

トイレつまりは急に起こるものです。パニックになってしまいがちですが、こういう時のためにトイレつまりの応急処置を知っておくと、冷静に対処することができると思います。たいていは流したものが便器につまって起こることが多いはずなので、こういう時はラバーカップを用いて便器の中を吸引するとつまりがたいていは解消されるでしょう。

ラバーカップを何度も繰り返し吸引すると、つまりが解消されるはずです。ホームセンターに売っているので家庭に常備しておくと安心です。もし、持ち物や流してはいけない物を落としてしまった時は取り除けばトイレつまりは解消するはずですが、取れない場所にひっかかってしまった場合は専門業者に依頼するのが一番です。

気をつけたいのはトイレつまりを解消しようとして、水を何度も流さないことです。水の量が増えて便器から水があふれてしまうというトラブルを引き起こしかねません。また、新聞紙や雑巾などを床に敷いて水漏れや汚れに対処するとあと掃除が楽になります。

まずは応急処理

トイレは私たちの生活になくてはならない大事な存在ですが、それゆえに急な故障やトラブルで使えなくなってしまうととても困ったことになってしまいます。トイレのトラブルにもさまざまな種類がありますが、なかでもトイレつまりはよくあるトラブルのひとつです。

多くの場合はトイレットペーパーを流しすぎたなどによることが多いですし、そして節水のためにタンクにペットボトルなどを入れている家庭も多く、それが原因で十分な量の水が流れていないこともあります。節水の工夫をされている場合なら、まずはそれを取り除いて、十分な水が流れるようにしたいものです。

そして場合によってはプロに修理してもらうことになりますが、まずは応急処理をしておきたいものです。ペーパーが原因となっている場合は溶けるまでしばらく待つと、そのまま解消できることもあります。そしてラバーカップも詰まり解消にはとても役立ってくれますし、安いものですので、ひとつは用意しておき、それで対処したいものです。